インスタでアーカイブを使うとはどういうことか?

スポンサーリンク

 インスタグラムに存在している機能、アーカイブについてご紹介しようと思います。

アーカイブとは?

 アーカイブという言葉は元々どういう意味かというと、『文章などを一時的に保管しておく場所』という意味があります。
博物館や図書館、美術館などを考えてください。お客さんたちの目に触れない、裏側で管理、保存している物があったりします。たまにテレビで普段はお見せしていない、誰それの作品~などの中にこういった物がありますね。

インスタグラムでのアーカイブについて

 では、インスタグラムで『アーカイブする』、とはどういうことでしょうか。
インスタでアーカイブ、つまり、裏側にしまい込むのはその人の投稿です。
アーカイブという機能を使うと、一度投稿した作品を削除することなく、他人には見えない状態にすることが出来ます。
投稿されている作品の右下にある、しおりのマークを押すブックマークと似ていますが、ブックマークは主に他のユーザーの作品に使うのに対し、アーカイブは自分の作品に使います。
ちなみに、ブックマークもアーカイブも、人の目に触れない裏手で保存、ですので他の人からは閲覧できません。

アーカイブのメリットのついて

 アーカイブして投稿を隠すメリットとは何か。これは、ギャラリーに統一感を出したり、あまり『いいね』の伸びなかった投稿を隠したり、誰かと一緒に撮ったけど、その誰かと喧嘩して今は写真を見たくない、というときにも有効です。
ギャラリーに統一感を持たせたりするのはフォロワーを増やす一方法として有効なので、使ってみてください。

インスタで実際に作品をアーカイブにする方法とは

 実際のアーカイブ方法についてご紹介します。
インスタグラムで自分のプロフィールを開くと出てくる投稿一覧で隠したい投稿を選びます。投稿を選んだら、投稿の右上にある三つの点が並んだアイコンをタップします。

 

 

 

 これでアーカイブへの移動は完了です。

 

アーカイブされたかどうか確認する方法とは

 アーカイブにした作品を閲覧するには、プロフィールページの右上から見ます。ここに時計の周りを反時計回りの矢印が囲んだマークがあるのでマークをタップします。するとアーカイブ画面が開けます。
 

インスタアーカイブの解除方法

 アーカイブを解除するときはアーカイブの画面上で右上の三つ印をクリックして『プロフィールに表示』を選びます。
するとプロフィール、タイムライン、いいねやブックマークをしてくれた相手に再び作品が見えるようになります。
 

ストーリーズのアーカイブについて

 ・ストーリーズのアーカイブ
インスタグラムのアーカイブ機能はストーリーズについても使うことが出来ます。ただし、ストーリーズのアーカイブも自分の投稿にしか使えません。
ストーリーズは投稿から24時間経ってストーリーズの投稿がタイムラインから自動削除されると同時にアーカイブに自動で保存されます。・ストーリーズのアーカイブを見る場合
ストーリーズのアーカイブを見るときは、通常のアーカイブと同じ画面から開きます。アーカイブの文字をタップすると、二種類のアーカイブを切り替えられるので、ストーリーズのアーカイブに切り替えます。・ストーリーズのアーカイブで出来ること
ストーリーズのアーカイブ画面にはコマンドがいくつかありますが、一番右端のもっと見るを押すと、削除するか、写真を保存、というコマンドが出てきます。ストーリーズは24時間で消える投稿なので、ストーリーズとしての再投稿は出来ません。もし、ストーリーズの写真を投稿したい場合は、写真を保存した上で、通常の投稿をしてあげると、ストーリーズではありませんが再び人の目に触れる状態となります。

・ストーリーズのアーカイブを自動保存されないようにしたいとき
ストーリーズは自動保存されるようになっています。ですので保存されたくなければ、設定を変える必要があります。
『プロフィールの設定』マークをタップして、『ストーリーズの設定』から『アーカイブに保存』をオフにすると自動での保存をオフにします。

 ・アーカイブを手動で保存するとき
ストーリーズを手動でアーカイブにするには、画面右下のコマンドの中からハイライトを選びます。名前は付けなくても大丈夫です。ハイライトに追加したら、アーカイブを開くと、ストーリーズが追加されています。

アーカイブは他人に分かるかどうか

作品をアーカイブにしたら、他の人に『あ、アーカイブにしたな』と気づかれるかどうか。
これは、気づかれないんです。削除されているのか、アーカイブされているのかは他の人から分かりません。

インスタでアーカイブすることとは?今回のまとめ

 アーカイブをすると投稿を削除することなく、作品を非公開にすることが出来ます。このメリットはギャラリーの統一や、いいねの少ない作品を隠せるところにあります。
消すのがもったいない、またいずれ公開したい、と思っている作品にはアーカイブで裏側に隠すのが良いと言えるでしょう。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です